スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニの芸術

とあるセブンイレブンでレジを待っている時のこと。


左上の方に,なにかいるような・・・









20110525 1


すごい!全部おでんのカップで作られてる!!


20110525 2


いいですねぇ,こういうの大好きです。
スポンサーサイト

真ん中のペダル

今日(もう昨日)試験が終わってちょっとホッとしてるところであります。


今ピアノのレッスンではベートーヴェン作曲のワルトシュタイン3楽章を
先生にみてもらっているのですが,
音を長く伸ばすところで

「真ん中のペダルを踏む」

ようにと言われました。

一番よく使うピアノはもちろん音を響かせるための右の(ダンパー)ペダル,
次は小さい音を出すときに使う左のウナコルダ。

真ん中はソステヌートペダルというらしいです。
(※アップライトの弱音ペダルとは違うものです)

ネットで探した説明文によると

「ペダルを踏んでいたときに押していた鍵盤のダンパーが、
鍵を上げてもペダルを踏んでいる間、離れている。
主に低音の弦を伸ばしたまま高音部を両手でスタッカートで弾いたり、
あるいは高音部のみダンパーペダルを複数回踏み変える奏法に際して用いられる。以下略」

説明だけ読むとなんのこっちゃいという感じで,
実際に弾かないと私もよくわかりませんでした。
でも確かに演奏効果があります。


しかも今回,真ん中のペダルを踏んだあと右を踏んで,真ん中は踏んだままで右を放して,また右を踏んで・・
というフクザツな指示がでて,


o(@.@)o

↑な表情にならざるを得ない。


がんばろ。


<おまけ>

GWなんてもう昔の話ですよ(遠い目)


先日の日記でも書きましたが連休は名古屋に行きまして,
その時訪れた明治村で貴重なピアノを発見。

あの西郷どんの弟の西郷従道の屋敷にあったピアノ。

20110512 1

20110512 2

『Nippon Gakki Seizo Kabushiki Kaisha』

→日本楽器製造株式会社


そう,今のYAMAHAです!

楽譜が上にありましたのでパチリ。

20110512 3


大バッハのパルティータ1(全音の楽譜)。
これは後世ここに置いたのかはわかりませんが。

ボランティアガイドさんがいればここのピアノを触らせてくれます。
昔のピアノとは思えないほど,すごく澄んだいい音でした。
(というか昔のピアノだからこそいい音なのかもしれませんね。)

華麗なるトイレの歴史

お食事中の方はごめんなさい。


愛知県の明治村では,先日書いた通り
明治時代の建物が移築されているのですが,
その中に生活の必需品,お手洗いの展示もございました。

20110504 1

20110504 2

ま,こちらは想像がつくのですが,



20110504 3

20110504 4

こんなに美しくデコレートされたものもあったのですね。

こちらは,皇室の「おまる」で使われたものだそうで。

20110504 5

20110504 6

食べ物を入れるようなとっても綺麗な器なので,
見ていて複雑な気持ち。


こちらは皇后様(当時)の特別車両。
天井に鶴が舞っているそれは豪華な造りです。

20110504 7


中には入れないのですが,解説版でお手洗いのご紹介。

20110504 8

便器の周りはカーペットか。。
掃除どうすんだろ。


こちらは明治天皇特別車輛のお手洗い。

20110504 9

こちらの方が衛生的かな。


この次の日は,愛知県の常滑市(とこなめし)という,
お手洗いで有名なINAX(いなっくす)が創業されたところに行ったのですが,
そこでも更に詳しいトイレの展示がありました。

さすがに便器を作っている会社の企業博物館だけあって,
博物館内部のお手洗いへの力の入れ方が半端ない!
どこにいってもINAXの超いいトイレで気持ちいい!


デジカメの電池が切れたことが悔やまれる。


一番いいな,と思ったのが,
ツバメの巣の下にツバメ専用のトイレが置いてあったこと。
富士山みたいな形のカラフルなものがわざわざ置いてありました。
ツバメへの愛着と,トイレを作っている会社の矜持(?)みたいなのを感じました。

(今度はデジカメの充電器持ってかねば)


<おまけ>


明治村で,夏目漱石と森鴎外が過ごした家にて。

20110504 10

スタンプラリーに付随しているクイズかなんかを,
子供たちが熱心に解いていると思われる図。


しかし,「吾輩は猫である」が,

「I am a cat.」

と訳されるのは,日本人としてどうも違和感を感じるのは私だけでしょうか。
(アイアムアキャットかい)

世界記録更新チャレンジコンサート ショパン・ピアノソロ全212曲

以前ピアノの友達から,
このコンサートの話は聞いていました。

「ショパンが作曲した全曲を通しでコンサートで弾くピアニストがいる」

って話を。


その時はまさか自分が聴きにいくと思っていませんでしたが,
学生時代の友達が招待券を持っているので一緒に行かないかと誘ってくれた時
即答で「行く!」と答えました。
きっとこのコンサートに今聴きに行かれている方も多いでしょう。


初台のオペラシティ,タケミツメモリアルのホールでの開催です。

20110503 1

オペラシティの中庭。
見上げる巨人。

20110503 2

懐かしい~この階段。
合唱のコンサートでよく来ました。
バッハコレギウムジャパンとかここで演奏聴いたわー。

20110503 3

人であふれかえっています。
有名なコンサートなのですね。


この横山幸雄さんという方が弾くコンサートは全部で4パートに分かれていて,
朝8:00から第1部がスタートし,
第4部が始まるのが夜の22時,そして終わるのがなんと26時!
つまり夜中の2時です。
今この時間は第3部が進行中のはずです。

それにしても,1人のピアニストが弾ききるというのは驚異的です。。。
バラード1番とか,弾き終わったら一日終わったぐらいに私なんかフラフラになるのに。


曲が多いにも関わらず,
一曲一曲がしっかり完成されていて,
プロというのはすごいんだなとほとほと感心してしまいました。

個人的に好きだった演奏は,

エチュード第3番ヘ長調 op.25-3
エチュード第11番イ短調 op.25-11「木枯らし」

でした。

バラード1番も良かったんですが,
中間部の盛り上がる部分のフォルテが
私のイメージとちょっと違ったかも。

20110503 6


それにしても,ピアニッシモの音が美しい!
ピアニッシモの時,ホールの奥で響いているのがよくわかりました。
タケミツメモリアルは響きがよいので有名ですが,
それでもピアニッシモがちゃんと鳴るとはこういうことなのね~と思いました。

ちなみに一緒にいった学生時代の友達は今お腹に赤ちゃんがいるのですが,

「エチュードになった途端に胎動があったよ」

って言ってました。
赤ちゃんが感じるものがあったんでしょうか?


プロの体力,技量,そしてなにより集中力を目の当たりにした感じでした。
誘ってくれた友達に感謝感謝です。


<おまけ>

ホールの待合室に,電子ピアノメーカーのローランド社のピアノが宣伝用に
置いてありました。

20110503 4

友達が「なんか弾いて」と言うのでインベンションを試し弾き。
でもタッチと音色が良すぎて,自分が上手くなったと錯覚しそう。


20110503 5

チェンバロ版までありました!
最近はいろんなシリーズが出ているんですね。

名古屋で会ったキャラクターたち

ゴールデンウィークの初日から昨日まで,
墓参りを兼ねて名古屋に旅行に行ってきました。

今日は名古屋で会った可愛いキャラクター達をご紹介。


1.manaca

マナカと読むんでしょうか?
関東のSuica(スイカ)やPASMO(パスモ),関西のICOCA(イコカ)の名古屋版のようです。

20110502 2

manacaチャージのための販売機。


これがmanaca↓

20110502 1


うむ,なかなか可愛い。
スイカペンギンもいいけどこれもいいね。


2.道端の小人

20110502 3

目がちょっといっちゃってるところがイイ。


3.明治村の商人の家の置物

明治村とは,明治時代の貴重な建物を移築し集めたテーマパークです。
そこの油問屋の家にある猫の置物。

20110502 4

なんとも言えない表情をしています。


<オマケ>

これは東京駅のNEW DAYSの風景。

20110502 5

店の入り口すぐよこに,東北新幹線,はやぶさのグッズが。

20110502 6

キョロちゃんご搭乗。


3/5にオープンし,3/11に震災にあってしまった東北新幹線。
一日も早く復旧するといいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。