スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森元首相による人生ラグビー論


昨日、皇居そばの千代田区立図書館で日本の政治家について
書かれた本をたまたま読みました。
小泉さんとか野中さんとか鳩山さんなどなど、
いろんな有名な政治家の生い立ちやら政治のスタンスやらがわかります。
(「一流のリーダー 二流のボス ―「宰相候補」25人の真贋」 小林 吉弥著)

面白かったのが、
森良朗元首相の人生観。

引用ではないので詳しく覚えていませんが、

「人生はラグビーのようなものだと思っている。
ラグビーはボールの形が特殊なせいで、
一回弾んだボールが自分の手元に戻ってくる確率は100分の一と言われている。
だから目標を決めて努力したら、後は結果がどうなるか気にしすぎないようにせず
自然体でいることにしている。」

というようなことが書かれていました。
もっとも、森さんはラグビー選手になれず(ラグビーで活躍する夢は)挫折してはしまったのですが・・。


彼の政治家としての実績は触れませんが、
私はついつい、
「これを達成したらこうなって、だからこうなると思うんだけど、でも成果がでるかな」
みたいなことを悩んでしまう癖があったのですが、
ちょっと心が軽くなりました。

もちろん結果を出すための努力はちゃんとするのが前提です。
でもコントロールできることにまず集中しようと改めて思いました。
(人事を尽くして天命を待つ,の別の言い方でしょうね)


ちなみにこの森さん、あの亀井さんに愛称で「モリデブ」と呼ばれてるそうです(笑)
なんか可愛い。
ウィキペディアによると超整理好きだとか。

wikipediaより引用
「妻の千恵子によると森は潔癖症、
整理魔で今でも寝る前に翌日着る服を下着からきちんと順番通りに枕元に置いて寝るらしい。
机の上もすぐに整理してしまうとのこと」

ちょっと意外~。
私も部屋片づけねば!
スポンサーサイト

先生と先輩

今夜から冷えてきました。昼間まで暖かかったのですが・・・。

今日もピアノのレッスンでした。
通常は月2回なのですがたまたま重なってしまいました。


ピアノのサークルで友達と、自分の教わっている先生の話題に時々なります。
小さい頃からずっと同じ先生に習っている人もいれば、
大人になって先生を選んで習っている人もいます。


私は今の先生に習い始めたのが中学校3年の時。
当時先生はフランスから帰りたてで、
ピアノの腕は確かだけどちょっと近寄りがたい先生だなという印象だったのを思い出します。

ピアノのレッスンで泣いたのも、この先生の時が初めてでした。
先生が厳しく叱責したのではなく、
できないところを手を尽くして教えて頂いているのに,
言われてることができない自分が不甲斐なくて悔しくて泣いてしまいました。
普段ボーッとしている私が泣き出したもんだから、
いくら子供には慣れていらっしゃるとはいえ先生も困られたと思います。


先生のレッスンで好きなところは、
直接腕や手に触らせて頂き、
具体的な弾き方がわかるところです。
今の先生以外にもいろんな先生に教わっていますが、
私の場合は今の先生の指導が一番わかりやすいです。


これは歌にも言えて、
大学の時合唱サークルにいた時に、
歌の素人の私に一から指導をしてくれた先輩もそうでした。
息(ブレス)の仕方がキモなのですが、
お腹や背中を触らせて下さったのですごくわかりやすかった。
私にとって、指導して下さる人は自分でもできて、
具体的にどうしたらいいか教えて下さる人が合っているのかもしれません。


ちなみにこの合唱の先輩程、企画外で面白い女性にまだ会ったことはありません。
女性なんだけど、
そこらの男性なんか目じゃないくらいバイタリティーがあって仕事ができる方。

学生の時は、私含め後輩の歌が上達するまでトコトン教えてくれました。
一週間授業を入れず後輩の指導だけしてたことも(懐かしい全コマ解放)。
飲み会ではお金を多めにおいてさっと帰られる。


この男っぷりは今でも尊敬しています。


最近周りの人のありがたさを感じることが多く、
お世話になってる方についてつらつら書いてしまいました。


寒いので風邪などひかれぬよう元気に過ごして頂きたいなと思います。

お二人とも、案外体弱いから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。