スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくできた弟


この前の日曜日,
オアゾ丸善でのトークイベントに参加してきました。

「ゴッホ 旅とレシピ」という本の著者の林綾野さんという方が,
本の取材のエピソードを交えてお話するというもの。
(※ゴッホ展は12/20まで国立新美術館で開催されています)


ピアノや合唱を長くやっているせいか,
美術は好きですが全然縁がなかったのでとても新鮮でした。
ゴッホの絵も「ひまわり」ぐらいしか知らなかったけど,
ひまわりも1枚の絵だけでなくて沢山描いているし
自画像はなんと50枚以上描いているとか。

ゴッホの過ごした美しいオランダ,フランス,イギリス,ベルギーの風景の写真と,
ゴッホが食べたであろう料理の写真付きレシピは眺めていて本当に楽しいです。

その中で印象に残ったのが,
有名な弟テオとゴッホの話。


ゴッホは画廊に勤めてしばらくは真面目な普通の青年だったみたいですが,
失恋を機に精神のバランスを崩し,
やがて定職をなくし収入がなくなりました。
聖職者にもなろうと熱心に努力しましたがうまくいかなかったのです。

そんな無収入のゴッホを支えたのが,弟のテオでした。

テオは無一文の兄のために,
画材道具の類のみならず生活費を死ぬまで仕送りしていたそうです。

たとえば,

画材代
住居代(ホテル代)
食費
酒代
タバコ代
交際費

などなど今のお金にして20万円ぐらい兄のために送金していたのではないかとのこと。
この上,ゴッホは芸術家の共同作業の夢もみて
同じく画家のゴーギャンとも生活するようになり,
ゴッホの友達のゴーギャンの生活費まで弟が世話する始末。

しかもこのゴッホ,
せっかくの弟からの仕送りを大事に使えばいいものを,
自炊はしないし酒やタバコは辞めないし,
手紙には「しばらく娼館に通うのは辞めようと思う」とか書いていて,


私ならキレますな(節約しろよ)。


とはいえ素晴らしい絵がかけたのもこのゴッホとテオの二人のなせる技。
ゴッホはよくできた弟をもったものです。


最後に,ゴッホの手紙の抜粋が本に書いてるのですが,
いいなぁと思った文章を書いておきます。

『それから・・・
 生きている間に,できるかぎりたくさんの
 油絵やデッサンを描くつもりだ。

 そして人生が終わる時が来たら
 「僕が描いたたくさんの絵たち!」という風に,
 愛情と懐古の想いを抱いて死にたいと思っているよ。』

(1883年11月11日抜粋 ハーグ テオ宛 著者訳)


私には多分「絵」ではなく,別のなにかかもしれません。


<余談>


ちなみにウチの弟は,
大学生の時にアメリカの西から東まで自転車で1人で横断し,
社会人になってもキリマンジェロに登っている,
のんびりした姉と違い行動力のあるヤツです。



10/26日記用



オアゾの中の,丸善の前のエレベータ。
隠すものがなにもない。
つい撮ってしまいました。
スポンサーサイト

成城石井のチーズ


先日のピアノの練習会では、全然ピアノ関係で知り合ったことのないお友達をご招待しました。
土曜日の夜にわざわざいらして下さったので、ピアノに少なからずご興味がおありなのかなと思ったら
案の定シューベルトを最後ちょこっと弾かれていました。
(是非今度弾いてください!)

で、そのお友達と練習会後新宿まで歩いてたところ、

「これから成城石井でチーズ買うんです!」

とのこと。
(※ただし、この時点で22:10ぐらい。お店開いてたのか?)


なんでもソムリエの田崎真也氏のワイン&チーズの講座に参加したらしく、
そこで美味しいチーズを教えてもらったのだとか。
私にもいくつかお薦めのチーズを教えてくれました。


というわけで、後日私も成城石井でチーズを見てみました。

東京駅近く、丸ビルの地下のお店。

10/20日記用1


チーズがいっぱいです。
輸入物だけあって結構高いのね~。

10/20日記用2



本当は教えてもらった「リ」がつく名前のチーズを買いたかったんですが、
名前忘れていたのと、「リ」から始まる種類が見つけられなかったので、
フランス産のカマンベールチーズを結局買うことに。

中がトロッとしてて美味でした♪


教えてくれた彼女、なんでも朝4時半(最近は5時)に起きて会社に行く超朝方なヒトで、
英語もペラペラな才色兼備を絵に描いたような女性であります。
私よりお姉さんだと思ったら1つ下でビックリ!

人間生きてきた年数じゃないことがよくわかりまする。
こういう人とお話できると刺激を受けますなぁ。

東京駅のスタバ

仕事で時々英語を使うことがあるので,
英語(TOEIC)の勉強をしています。

まぁTOEICは賛否両論の試験であることはわかっているのですが,
ある程度の点数を出すと少しは仕事場で安心してもらえるかなと。
一時手当(ボーナス)も出ますし。。


自宅ではあまり勉強が手につかない意思の弱いコなので
(つい普段はやらないピアノ練習とか家事とかやっちゃう),
カフェでよく勉強しています。


最近出没するのがココ。
東京駅の八重洲口のそばのスタバ。


10/18日記用1


いろんなお店にいってわかったのですが,
私周りがある程度わさわさしてないと飽きてダレてしまうのです。

ここなら,団体旅行のおじさま&おばさま(主に近畿○-リスト御一行)も通れば,
外国の人,スーツケースのいかにもデキそうなビジネスマン,
アルバイトのお姉さん,などなどいろんな人が見えて飽きません。
店の回転率もいいし。


集中して勉強してるはずですが,ついつい他の人のたわいのない会話が耳に入ってしまうこのごろ。
窓際のおじさんたち。


「外国ではね,男性と女性と別れて修道院っていうところに入るんですよ」

「へー」

「あえて俗世と離れるんですよ。地理的にも。
 そうそう江の島みたいなもんだよ江の島」




モンサンミッシェル?

国会トリビア

少し前になりますが、
丸の内で開催のセミナーでお会いした人達とお洒落なレストランで食事に行ってきました。

以前日記に、ご飯(オムレツ)をご一緒した方の記事を載せましたが、
その方のお連れ様が国会にお勤め(議員さんではありません)と伺ったので、

「ぜひ国会議事堂のトリビアをお聴きしたい&他のお仲間も聞いたら面白いだろう」

と、通常の女子会にゲストとしていらしていただく事になりました。

職員さんならではの、
「えー!!そんなもの&ことがあるの!?」
というお話を沢山聴けて実に楽しかったです。
こういう話は実際に働いてる人でないとわかりませんね。

こちらのブログに内容を書きたかったのですが、
「今回の話はここだけということにしておいて頂ければ」とのことでしたので、
惜しいですが記憶の中だけにとどめておこうと思います。


レストランですが、

Enoteca D'oro
http://r.gnavi.co.jp/g045006/?sc_cid=tnp_ml

永田町徒歩2分のイタリアンのこちらに行きました。
周囲にはあまり人があるいていないのに、
このお店だけ人が一杯いてびっくり。

10/4日記用2

10/4日記用3

P1000811_R.jpg


ぐるなびでは、

『国立劇場帰りや皇居ランニングの後に。
ぜひ気軽にお立ち寄り下さい。 』

とありましたが、
劇場帰りならともかく、ランニングの後にこんなお洒落なとこ寄れないわー!

てかんじでした。
お水はイタリア産のを買って飲むようなところでしたしね。。
もちろんお料理、お酒全て美味しかったです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。