スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経MJ体験記-百貨店”ワケあり”セール

百貨店も変わってきてますね~。

日経MJ 2010年6月16日 7面

『百貨店 ”ワケあり” 安売り

 松坂屋上野店(東京・台東)は16~22日、賞味期限が迫った食品を低価格で販売する
 ”ワケあり”セールを実施する。
 同種のセールはスーパーでは多いが百貨店では異例。
 品質に問題がないうえ、賞味期限が近いことを気にしない消費者が多いと判断した。
 食品の廃棄を防ぐ狙いもある。
(中略)
 製造日から賞味期限までの期間の3分の1以上を過ぎたことを目安に、
 商社やメーカーから格安で仕入れた。
 これまで同店では賞味期限までの期間の3分の1を過ぎた商品は仕入れない商習慣があった。 』


御徒町へ。
アメ横がすぐそばです。

会場は地下だと思ってウロウロしたのですが、全然そんな雰囲気がない。


店員さん「本館6階の催事会場です。」


なるへそ。


6/16日記用3



会場に近づくに連れ賑わって来ました。今日がスタートの様子。

40歳以降の女性がほとんど。男性の姿もちらほら。
買い物カゴいっぱいに商品を詰めてる人が多い。


6/16日記用5

ズワイガニの缶詰が200円台。


ざっと見て安いなと思ったのは、

大サイズ胡瓜6本 200円
ブルーマウンテン300gの缶 944円
シェフズリザーブ 冷たいじゃがいものスープ 1袋65円

でしたが、椎茸や昆布、干物の元の値段がわからないのでイマイチ他の商品は安いのかわからず。(でもみんな大量に買うみたいだし安いんだろう。)


百貨店というブランドを維持したいけど、モノが売れないと経営はなりたたない。
難しいところですね。


ところでこの御徒町は運営してるピアノコミュニティーの元会場付近でした。

6/16日記用2


ここから入った〇タミでよく飲んだっけ。

懐かし過ぎる。


おまけ。
御徒町駅構内の飲み屋。


6/16日記用


「感激」?


スポンサーサイト

日経MJ体験記-青山の異空間

大好きな雑貨店の旗艦店が表参道にできたと記事にあったので,
早速行ってきました。

日経MJ 2010年6月14日 5面

『アオヤマ フランフラン 大人の魅力発信

 バルスは5月末,東京・南青山にインテリアショップ「アオヤマ フランフラン」を
 開業した。2010年度から「大人向け」へとマーケティングのかじを切った
 フランフランの旗艦店とあって,倉庫のような外観や白と黒を基調とした内装など
 ポップな既存店とは対照的な店づくり。
 (中略)
 
 国道246号沿いの歩道に延びるオープンテラスを渡って店内に入ると,
 巨大なシャンデリアが出迎える。
 形こそシンプルだが,700球のの発行ダイオード(LED)を用いた
 仕掛けの大きさに圧倒される。』


外観。

6/15日記用1

確かに倉庫っぽい。
中広そう。


むむ,動物がいるぞ?


6/15日記用2


ぬいぐるみがたくさん!
不思議な感じ。



内装が素晴らしかったのですが,
やはり撮影はNGでした。

なんというか,外から考えないぐらい空間の取り方がうまい!
広々としていて快適。

こんな生活したいわーと思わせてくれるグッズや,
おしゃれな色の家具の数々。
長居したかった。


新聞の記事のLEDのシャンデリアは必見です。
非日常的感情が楽しめます。



最後に表参道をぶらぶら。


6/15日記用3


表参道をすぐ出るとあるタイルの絵。
小さい時はもっと大きく見えたっけ。
街並みが変わってもこの絵だけはずっと残ってほしいなぁ。


む?

6/15日記用4



6/15日記用5


いいこと書いてあるなぁ。

ブログをはじめました

月並みなタイトルですが。。。

現在SNSのミクシィで日記を書いていますが,
ミクシィを使っていない友達もいることからブログを作りました。

初めての方も,今までお世話になっている方も,どうぞ宜しくお願いいたします。

6/10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。